ボキボキしない理由

ボキボキしない理由

神奈川カイロではボキボキをしません。
むしろ気持ちいい位で施術をしていきます。
そこには5つ理由があります。

・ボキボキが怖い人は体が緊張して矯正がうまくいきにくい
体が緊張すると変な所に力が入り、矯正がうまくいきにくくなります。
また、緊張して変な所を痛めたりする場合があります。
なので神奈川カイロではボキボキをせずにミニトマトが潰れない程度の力で体にアプ ローチし、状態を改善へと向かわせます。

・椎間板に強い負担がかかる場合がある
例えば腰をボキボキとならす場合、腰の椎間板への圧力が約1t近い力が瞬間的に加わ ると言われています。
もし、椎間板ヘルニアをお持ちの場合、どんな結果が待ち受けているか想像するだけで も恐ろしいですね。

・矯正しすぎる場合がある
「ボキッ」と矯正した場合、瞬間的に矯正が行われます。その結果、施術者は矯正が終 わった後でないと「どこまで矯正したかわからない状態」です。
つまり、矯正し過ぎた場合もあるし、矯正が足りない場合もあります。
矯正し過ぎた場合は逆から矯正し直して、また行き過ぎた場合は再び矯正を…となる訳 です。足りない場合も同じです。因に整体業界の裏話ですが、ボキボキを本当に正確に 出来る施術者はとても数少ないです。
神奈川カイロでは瞬間的な矯正は行わず、持続的に弱い力で微調整しながら矯正するの で行き過ぎるなどの事は起こりません。

・体が元(痛みなどがある状態)に戻りやすい
瞬間的に矯正を行うと、体が変わるので体が変化した事に気づきます。
その結果、体の防衛本能(恒常性維持機能=ホメオスタシス)が働き、元の不具合のあ る状態に体を戻そうとしてしまいます。「体が改善しにくい」のはこの為だとも言われ ています。
神奈川カイロでは体の防衛本能の事を理解した上で矯正を行います。
防衛本能が働きにくい矯正を行う事で矯正した状態を長く保つ事が出来ます。

・検査をしない場合が多い
ボキボキを私もたくさんされた事はありますが、矯正する前に可動検査をしない所がと ても多いです。
ボキボキされた事がある方は思い出してみてください。
ボキボキの直前に体を前に倒したり横に倒したり、立って足踏みをしたりなどしました か?多くの所で実施していません。これでは検査もせずに手術するのと同じです。
神奈川カイロではそうした事が起こらないよう検査を行って施術を行います。




豆知識

access

アクセス

business hours

営業案内

神奈川県川崎市中原区丸子通1-636-1
プロコープ1階C号

TEL:044-567-8172

licht_meer1983@yahoo.co.jp

お車でお越しの際は、お近くのコインパーキングをご利用下さい。

9:00~12:30

14:00~21:00

9:00-15:00

木曜日・日曜日・祝日は休診日となっております。

reserve

ご予約について

診療時間

平日 9時~12時半/14時~21時

土曜 9時~15時

休診日

木曜日
日曜日
祝日

ご予約