坐骨神経痛

座骨神経痛の方はこんな症状が出やすいです

など、一概には言えませんが上記のような症状が出ていたら座骨神経痛の疑いありです。
また、ヘルニアと併発する事も多いので注意が必要です。

座骨神経痛のメカニズム

座骨神経痛は様々な病気と併発する事が多いです。
例えば、1例ですが椎間板ヘルニアによる神経の圧迫が原因にもなります。 また、骨盤が傾く事で筋肉が固くなり「座骨神経」を刺激して痛みや痺れを感じる事もあります。
また、股関節が良い位置になく、筋肉に捻れを出してしまったときにも「座骨神経痛」として感じる事も多々あります。
原因は多々あるのでしっかりと一人ひとりの原因を探らなくてはなりません。

座骨神経痛はどんな事をしたらなるの?

偏った体の使い方やそれをリセットせずに放っておくと徐々に体が歪んでいき、体の回復力が低下して痛みや痺れなどとして知覚するようになります。

坐骨神経痛はどうしたら改善されるのか?

先ずは原因の特定が必要です。直接的要因と間接的要因があります。
直接的要因は例えば「血行不良」。血液が流れにくくなって痛みや張り感、痺れを感じます。
間接的要因は例えば、腰椎の捻れなどが間接的要因で血行が悪くなり、直接的要因の血行不良に繋がっていきます。
この二つの要因を取り除いて、さらに維持&向上させていくことが大切です。

①筋肉や筋膜の捻れなどを緩め、もとの状態へ戻し血行を改善
②骨盤などの骨格をキチンと矯正し、回復出来る環境を整える。
③回復力の意図的向上
「体の回復」は骨格矯正や筋肉や筋膜の捻れなどを改善しただけでは行われません。
意図的に回復させる特別な施術が必要になってきます。

坐骨神経痛はどうしたら再発しない?予防策は?

このまま辛い想いをしてほしくはありません。 少しでも多くの方が改善して元の痛みのない生活に戻れたら私たちはこれ程嬉しい事はありません。そのお手伝いが出来たら嬉しいです。

access

アクセス

business hours

営業案内

神奈川県川崎市中原区丸子通1-636-1
プロコープ1階C号

TEL:044-567-8172

licht_meer1983@yahoo.co.jp

お車でお越しの際は、お近くのコインパーキングをご利用下さい。

9:00~12:30

14:00~21:00

9:00-
15:00

木曜日・日曜日・祝日は休診日となっております。

診療時間

平日 9時~12時半/14時~21時

土曜 9時~15時

休診日

木曜日
日曜日
祝日