ぎっくり腰

などの状態の事を言います。
この痛み、苦しみは経験した人にしかなかなか分かりづらいです。

応急処置

ぎっくり腰かなと思ったら、先ず冷やしてください。
腰に熱がある場合が多いので冷やしてください。温めると痛みが強くなる場合があります。
冷やし方は15分タオルでくるんだ氷のうやアイスノンで冷やして15分程また間をおく。これの繰り返しです。

じっとしているとあまりぎっくり腰は良くありません。 (動けない程なら仕方ありませんが) 無理しない程度に少しずつ動いてください。
椅子に長時間座るなど同じ姿勢を長時間続けるとより悪化したり、改善しにくくなったりします。

ぎっくり腰になったとき、鏡などでご自身の姿を見た方は分かると思いますが、かなり傾いてます。筋肉が体を支えられないので骨に負担がかかり過ぎて、放置しすぎると椎間板ヘルニアなどに発展する場合があります。コルセットをして楽な場合はコルセットをお勧めします。
早期に処置すると比較的早く改善しやすいのもぎっくり腰の特徴です。
また、心配な場合は病院でレントゲンなどを撮っても良いと思います。

また、ぎっくり腰には種類があります。
・腰の筋肉の捻挫 
→ぎっくり腰の多くはここに属します。
・椎間板ヘルニア
→ぎっくり腰がヘルニアが原因の場合、座骨神経痛などを伴う場合があります。
・圧迫骨折や滑り症など
→腰の骨そのものに原因がある時、外科的処置が必要になる場合があります。
他にも種類はありますがざっくりとは3つです。

ぎっくり腰を頻繁にする方(年1回以上)は体のメンテナンスを1〜2ヶ月に1回するだけでも再発はかなり防げるようになります。

access

アクセス

business hours

営業案内

神奈川県川崎市中原区丸子通1-636-1
プロコープ1階C号

TEL:044-567-8172

licht_meer1983@yahoo.co.jp

お車でお越しの際は、お近くのコインパーキングをご利用下さい。

9:00~12:30

14:00~21:00

9:00-15:00

木曜日・日曜日・祝日は休診日となっております。

reserve

ご予約について

診療時間

平日 9時~12時半/14時~21時

土曜 9時~15時

休診日

木曜日
日曜日
祝日